Laboro.AI

画像から判断

不良・異常検出
ソリューション

画像から判別できる異常箇所を
AIが代わって見つけ出す

  • インフラ
  • 工場
  • 設備
  • 製造
  • 異常検出
  • 画像

ソリューションの概要

ディープラーニングによる画像認識アルゴリズムを活用したこの『物体検出ソリューション』は、事前に学習させた不良箇所や、正常状態とは異なる不良箇所や異常を見つけ出すことを目指したソリューションです。

不良品の検品や建造物の破損箇所の検出など、これら作業は一定の経験を積んだ人の手で行れることが一般的ですが、判断に専門的な知識が必要なケースや、判断する画像が大量になるほど必然的に人手が必要になるといった課題があります。

このソリューションを導入することで、人の目でのチェックが必要な件数を削減でき作業の省力化が測れることや、作業者による品質のバラツキを防ぐといった効果が期待されます。

活用シーン

建造物のヒビ割れ、
損傷の検出

機械や製造品の
不良・不具合の発見

ソリューションのポイント

最先端のアルゴリズム

最先端の画像分野の研究をキャッチアップし、最適なアルゴリズムを応用

柔軟な教師データ

求める成果に応じた最適な教師データを活用

導入時のフルサポート

導入時のコンサルティングの提供により、データやラベル、精度検証の方向性など、専門的知見でサポート

一覧に戻る