SDGsの取り組みについて

株式会社Laboro.AIは、AI・機械学習という現代の最先端技術を活用・事業展開するスタートアップ企業として、当社が開発・提供する「カスタムAI」というオーダーメイド型ソリューションの特徴と技術力を活かし、SDGsの目標達成に向けて取り組んでまいります。

SDGsとは

SDGs(Sustainable Development Goals)は、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載された2016年から2030年までの国際目標であり、持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され,「地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)」という持続可能で多様性と包摂性ある社会実現を目指すものです。


Laboro.AIの取り組み

多様な業種・業界企業へのカスタムAIの提供

オーダーメイド型AIモデル「カスタムAI」の開発を事業とするLaboro.AIは、業種・業界に囚われないそのサービスの特徴から、ヘルスケア、建設、通信、IT、金融、小売、製造など、これまで多種多様な業種・業界の企業様へAIソリューションを提供してまいりました。今後、医療、環境保全や農林漁業などを含めたより広い範囲でのAI技術の活用を目指すとともに、各企業団体のSDGs目標の達成に貢献してまいります。

多様な業種・業界企業へのカスタムAIの提供

すべての産業に、新たな姿を

Laboro.AIでは、そのミッションの一つとして、AI活用によって、あらゆる産業に新たな姿をもたらすことを掲げています。カスタムAIの提供を通して、企業における生産性向上、業務効率化を支援することにより、人が本来的に力を発揮すべき仕事が生み出され、働きがいのある環境が作られていくことに貢献してまいります。

すべての産業に、新たな姿を

先端技術と産業をつなぎ、AIインフラの構築を目指す

アカデミア(学術研究)から発信される最新のAI・機械学習技術と産業・ビジネスをつなぐ存在になることが、Laboro.AIのもう一つのミッションです。私たちは、AIを一過性の技術としてではなく、大きな可能性を秘めたイノベーティブなツールとして捉え、企業のコア業務へ導入することに主眼を置いています。産業全体でAIがインフラとして活用され、さらなるイノベーション創出に貢献できるよう尽力してまいります。

先端技術と産業をつなぎ、AIインフラの構築を目指す