Laboro.AI

プロジェクト事例

  • 食品
  • Food Tech
  • 献立
  • パーソナライズ
  • レコメンド
  • 最適化
  • 構造化データ
  • MLOps

パーソナライズ献立提案「勝ち飯®AI」

味の素 株式会社様

  • トップアスリートに対する食サポートのサービス知見をもとにした提案
  • アスリートの入力・記録データからパーソナライズされた献立を提案

取組みの背景

このプロジェクトは、味の素様がトップアスリートに対する支援活動で得たノウハウを広く一般のアスリートにも提供することをコンセプトにした自動献立提案アプリの開発・提供を支援したものです。

食事によるパフォーマンス向上への関心が高い“一般アスリート・部活生”がいる一方で、その食事を作る親にとってみると「子供の頑張りを食事の面からサポートしたいものの、具体的にどのように栄養を計算して献立を提供すればよいかわからない」という問題意識は少なくありません。味の素様による市場に対するヒアリングやインタビューを通して、トップアスリートと同様の食サポートプログラムを提供するサービスに対するニーズが高いことがわかり、同社が培ってきたノウハウが活用できる見込みがありました。

開発内容

今般、Laboro.AIが開発を支援したアプリ「勝ち飯®AI」は、アスリートが入力・記録したデータからパーソナライズされた献立を提案するものです。献立やレシピに関する味の素様独自のテクノロジーを基盤にしており、栄養面ではトップアスリートへの食サポート活動である「ビクトリープロジェクト®」の管理栄養士監修のもとで開発しました。

このアプリでは、「ビクトリープロジェクト®」を通じて得られたノウハウからアスリートに必要な栄養計算をアルゴリズム化し、計算された栄養素を満たす献立を機械学習で提案します。また、提案する献立は、味の素様が運営するレシピサイト「AJINOMOTO PARK」のレシピを活用しています。

Laboro.AIでは、栄養計算アルゴリズム・献立を提案するカスタムAIおよびフロントアプリに連携するAPI、ユーザーデータのDB 開発を行いました。一般的な献立AIでは、事前に用意された内容を用いるケースが多い一方、今般のアプリでは、献立というユーザーが毎日参照するものであること、ユーザーによって嗜好性が異なるものであることを踏まえて、大量のレシピの組合せからパーソナライズされた最適な献立提案を行うことを実現しています。また、一般ユーザーがアプリとして利用するにあたって違和感のない応答速度で提案できる点も大きな特徴です。

一覧に戻る