研究開発

アカデミ(学術研究)の最先端情報、カスタムAIで培った開発力を活かし、企業・研究機関の研究開発活動もサポートいたします。

未来につながるAI研究を

2018年4月、沖電気工業株式会社様と共同研究に関する報道発表を行わせていただき、話題となりました。この共同研究は、「感情推定技術」と呼ばれる分野の研究で、ディープラーニングによる動画解析を通して、人の表情や仕草などを検出・認識し、そこから潜在的な人の感情を予測するというものです。

これまでも静止画像の分析については多くの研究が行われてきましたが、動画解析・動画認識ではまだ多くの課題があると言われてきました。そこで、アカデミア(学術研究)で多くの知見を持つLaboroが研究開発をサポートさせていただき、次世代につながる技術開発のための協力をすることとなりました。

この動画による感情推定が可能になると、例えば、ATMや自動券売機などに設置されたカメラから「困ったお客様」を検出することが可能となります。企業としては、お客様からお呼び出しがある前にヘルプスタッフを派遣したり、画面上にサポートメニューを表示するといった対応が可能になり、顧客満足度の向上につながる施策が打てるようになるはずです。

参考:プレスリリース

アカデミアの知見で、最先端の研究サポート

OKI様との共同研究は、弊社にとっても象徴的なプロジェクトですが、Laboroでは、それ以外の分野でもこうした企業様や研究機関での研究開発のご支援をさせていただきます。

AIの分野では、今もなおアカデミア(学術研究)から最先端のテクノロジーが日々生まれています。最新のテクノロジーによって、最先端のR&D活動を支援させていただきます。

AIのオーダーメイドにご興味をお持ちですか?
カンタンなことからでも、お気軽にご相談ください。